フランスの王冠


This page has hierarchy - Parent page: 王冠(クラウン)について

The Crown of Louis XV (ルイ15世の王冠)

フランスの旧体制のフランス・クラウン・ジュエルの中で、唯一残っている王冠です。

18世紀前半まで、フランスの王様は、宝石で飾り付けされていないシンプルな王冠を使用していました。しかしこの制度は、1722年にルイ15世によって変えられました。彼はロイヤル・コレクションのダイヤモンドを使用し、フランスの王冠宝石職人Laurent Rondeに新しい王冠を作らせました。そして戴冠の時に着用しました。

王冠はMazarinダイヤモンドと有名なRegentダイヤモンドが、王冠の前面に装飾され、何百もの高価なダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイヤで装飾されています。

フランスの古い王冠のすべてが、フランス革命の間、失われたか、盗まれたか、または破壊されましたが、ルイ15世の王冠は唯一残った一つです。彼の王冠は、歴史的重要性が与えられ、宝石はすべてガラスに取り替えられ、パリのルーブル美術館に展示されています。

The Crown of Napoleon Bonaparte (ナポレオンの王冠)

ナポレオンがフランスの皇帝ナポレン1世であると公言するために製造された戴冠王冠です。1804年12月2日の戴冠の時に着用されました。

ナポレオンは、彼の新しい王冠をシャルルマーニュの王冠と呼びました。その名は、フランス革命で破壊されたフランスの古代の王室戴冠王冠、そして有名な中世の君主シャルルマーニュ大帝(フランクスの王、ローマ皇帝)と自分を比較させる為です。

戴冠は、フランス王室戴冠の伝統的な場所ランスの大聖堂ではなく、パリのノートルダム寺院で行われました。そして、2個の王冠が使用されました。

初めに、彼はローマ皇帝の月桂樹王冠をかぶり、その後シャルルマーニュ王冠をかぶり、女帝ジョセフィーヌの頭に触れました。

王冠は、中世のスタイルに見せかけた作りで、ダイヤモンドや高価な宝石が少なく、金と金属の飾りが多く使われています。1815年のナポレオンの失脚まで使用され、現在パリのルーブル博物館に展示されています。

© 2017 Saika Bijoux All rights reserved