2011年9月26日

ミュンヘンのビール好きアロイシアス

Alois Hingerl (Aloisius)は、典型的なババリア人です。ドイツ語は話せず、ババリア語を話します。ビールがとても好きで、毎日のように飲んでいます。

Aloisius(アロイシアス)は、1911年にドイツで出版されたLudwig Thomaのユーモラスな風刺作品 『Ein Münchner im Himmel』 (天国のミュンヘン)の主人公です。

ミュンヘン中央駅の駅員(ポーターNo.172)のAloisは、死んでしまい天国に行ってしまいます。天国ではAngel Aloisiusとなり、エンジェルのように生活し、うたを歌い、ハーブを演奏していました。しかし、彼にはビールも煙草もない天国がとてもつまらなく感じていました。

神様は彼に仕事を与えました。神様のアイデアをババリア政府に伝えるメッセンジャーに任命しました。しかし、ミュンヘンに着くとアロイシアスは真っ先にホブフロイハウスに行きビールを飲み、今日までビールを飲み続けています。未だにババリア政府はどうしたらよいかわからないままです。

ミュンヘンのホブフロイハウスには、こちらのユーモラスなアロイスの絵が描かれています。

アロイシアスの人形は、ストーリーの内容からデザインされています。
こちらでアロイシアスのユニークな商品がご覧になれます。

© 2017 Saika Bijoux All rights reserved