サイカ ビジョー / 輸入雑貨・アクセサリー

商品「The Crown of Queen Elisabeth the Queen Mother(エリザベス女王[皇太后]の王冠)CR3252」の詳細
 


The Crown of Queen Elisabeth the Queen Mother(エリザベス女王[皇太后]の王冠)CR3252
エリザベス女王の王冠は、1937年のウェストミンスター寺院における戴冠式で、英国のジョージ6世の王妃エリザベス・バウエス・ライオンのために作られた、プラチナの王冠です。

王冠は、英国王室王冠を長年製造している、ロンドンのGarrards & Companyによって造られました。デザインは、メアリー女王の王冠(ジョージ5世の妻テックのメアリーの戴冠王冠)に一部似せました。メアリー女王の王冠にある8つの半アーチと、モデナのメアリーの王冠の10の半アーチの王冠と比べ、4つの半アーチから成りたっています。そしてその半アーチは、メアリー女王の王冠のように取り外し可能でした。その為、エリザベスが飾り輪として使用することも出来ました。

王冠は、たくさんの宝石で飾りつけされ、特にKoh-i-Noorダイヤモンドが、前の十字の中央に飾られています。また、1856年にオスマン帝国のサルタンによってビクトリア女王に与えられた17カラット(3.4g)のダイヤモンドも使われています。

エリザベス女王の夫の死の後に、彼女は完全な王冠をつけるのをやめたが、娘(エリザベス2世女王、1953年)の戴冠のときに、アーチの部分をはずし、飾り輪を身につけました。

アーチが付けられている完全な状態の王冠は、2002年エリザベス皇太后の葬儀の間、彼女の棺の上に置かれました。王冠は現在、ロンドン塔のJewel Houseに飾られています。
 
価格:¥4,104(税込み)
 
送料:全国一律360円。商品代金合計3,000円以上お買上げの場合は無料。(沖縄・離島を除く) ⇒送料の詳細はこちら
 
この商品は売り切れです
 
Saika Bijoux